チェーンのリペア


金で出来たストラップのリペアを承りました。

プレートの表には、ダイヤがちりばめられております♪
お名前も彫刻されているので、裏にして撮影しております。

尊敬する先輩方からのプレゼントとのことで、リッチですね〜(*^_^*)

チェーンが切れてしまっていたので、レーザーにてリペアし、新品仕上げをサービスさせて頂きましたら、新品同様に輝きを取り戻しました♪

こうして、直しつつ大切にされるのは、差し上げた方も嬉しいですよね。

T様ご依頼頂きありがとうございました^^
                           
| リ・ペア | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                      
お守りになったルビー


先日、M様「車にひかれたの・・・」私「大丈夫ですか!?」M様「ネックレスが・・・」というお電話からリ・ペアのご依頼がスタートしました。

ホッと一安心です。
でも、ネックレスが車にひかれるとは?
疑問だらけでしたが、お会いしてお話を聞くと、駐車場で落としたネックレスがM様が落とした事に気付くまで、待っていてくれたそうなのですが、その間別の車がひいたようなのです。
その割に壊れていないので不思議に思っていると、ちょうどコンクリートのくぼみにはまっていたとの事。

落とした事への次からの不安、壊れた事へのショック・・・よりも、最近いそがしくされているM様への、メッセージの様に感じました。
このルビーはM様がお父様からいただいた物である事、ルビーはお守りの石だと元来から言われていることなど。
そのルビーだけが、ネックレスから外れて、M様が落とした事に気付くまで待っていた事も。

M様も考えていた事は同じでした。
「自分を大事にね。」そんなメッセージだと感じました。

リ・ペアさせて頂いて、新品の様に綺麗になったネックレスを「身代わりだったかもね。ありがたいネックレスとして大事にするわ」と喜んで下さいました。

想いの入った宝石には不思議な力がありますね。

M様、ありがとうございました^^
                           
| リ・ペア | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                      
多石のサイズ直し



I様からのご依頼は、多石リングのサイズ直しです。

リング2つ共に、全体に宝石が入っていて、サイズ直しを断られるか、一旦宝石を外し、サイズを直してから、もう一度宝石を留め直す、という大がかりなリペアになります。
もちろん、この場合はリペア代金も高くなります。

小さくする時は、地金を切り取り、力で寄せますし、大きくする時は、切った所を力で広げて地金を足すので、宝石が留っている部分に負荷がかかるのです。

そこで、レーザーでのお直しを進めさせていただきました。
通常のサイズ直しよりは高いですが、宝石を外して留める直し方よりお安く、安全です。

今回は3.5号のサイズアップでしたが、写真の様に綺麗に直す事が出来ました。

最後に宝石の緩みが無いかチェックし、新品仕上げをサービスさせて頂きました^^

I様、AZURにご依頼頂きありがとうございました。
                           
| リ・ペア | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                                      
リペアの色々
   

⇒⇒⇒
⇒⇒⇒

年末大掃除始めてますか!?

ジュエリーは年末駆け込みリペアが多いような気がします。
なんとなく気持ち解りますよね^^

大掃除していて壊れたジュエリーを発見したり、気になっていたから、今年中に修理に出そうと思ったり、今年の事は今年中にしておきたいものです。

今回は、ブログにアップしていないリペアを特集してみました。

左上の金色のリングは、サイズ直しのご依頼でした。
この様に、ダイヤが沢山ちりばめられているリングは、通常のサイズ直しをするとダイヤが外れてしまったり、割れてしまったりするので、サイズ直しを断られたり、ダイヤをすべて外したり・・・と大がかりなリペアになってしまう所ですが、レーザーを使用することで、リングへの負担を少なくし、リペアする事が出来ます。(サイズを大幅に直す場合は向いていません)

右上のロングパールネックレスは、玉の質が良いので、万が一糸が切れてしまっても、玉を無くさない様にオールノット(玉と玉の間に結び目を作る)にしてほしいというご依頼でした。
このリペアは、職人が手作業で行うので、ネックレスの長さによって、リペア代金が変わります。
また、すべての玉の間に結び目が入るので、全長が長くなります。

上から2段目のお写真は、サンゴのネックレスです。
外国で購入したけれど、糸が緩いので、直してほしいとのご依頼でした。
ロングネックレスを2連にして着ける場合は、多少糸が緩くないといけないのですが、2連使いをされないということで、きっちり直させて頂きました。

上から3段目のお写真は、ラピスのネックレスです。
太いテグスが切れてしまっています。
ラピスの重さに耐えられるよう、金具も変えて、太いカラーワイヤーを使用し直させて頂きました。

この様に、リペアにも沢山の種類があり、職人の持つ技術や、道具によって可能であったり、不可能であったりします。
可能であれば、リペアはお値打ちですので、お気に入りだけど、壊れてしまったものがあれば、一度AZURに見せてください。

他のお店で断られるようなリペアも可能な限り全力で直します^^
                           
| リ・ペア | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |