<< なぜ宝石の営業で成功したかの秘訣〜シリーズ2 | main | なぜ宝石の営業で成功したかの秘訣〜シリーズ4 >>
                                      
なぜ宝石の営業で成功したかの秘訣〜シリーズ3


全国600人の営業マンの中で一番の成績になっていた私。

もちろん嬉しかったのですが、なぜそうなれたのかが解らず苦しみました。
一番になった事で、目標を見失ってしまったのです。
自分のモチベーションをどこに持って行けばいいのか?私は競争を楽しんでいたのか?
これでは視点がお客様では無く、自分に向いてしまっている・・・その事にもショックを受けました。
私は、自分が本当に望んでいた事を思い出せるまで、新規のお客様と接する事を控えました。
二番の人に抜いてもらいたかったのです。そうすれば解るかと・・・。
それでも、一番と二番の成績差は大きく、仕事をせず、ご贔屓にして下さるお客様とただ時間を過ごしていました。
すると、お客様と過ごしている中に答えがありました。
そう、お客様が私を訪ねて来て下さっている事実です。
高額な商品なので、クーリングオフが可能で、社内ではよくある事でした。でも、私が担当したお客様がクーリングオフをした事が一度も無い・・・。
その上、お客様を紹介して下さったり、訪ねて来て下さったり、落ち込む私を励まして下さったり(笑)
全然、他の営業マンと違う関係性をお客様と築けている事に気付きました。

私は、その時、自分は宝石を売っているのでは無いのだと気付く事ができたのです。
                           
| AZURについて | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.azur-jewel.com/trackback/1018666
トラックバック