<< ト音記号のネックレス | main | 世界に一つだけのエンゲージリング >>
                                      
翡翠リングのリ・ボーン
  ⇒⇒⇒       左がリ・ボーン前、右がリ・ボーン後です。
どう変わったかわかりますか?
リ・ボーン前は、腕が細く、翡翠が縦に留っていることから、頭でっかちで
くるくる回ってしまうことや、ゴージャス過ぎて日常使いできないなどの理由から、リ・ボーンさせて頂くことになりました。
R様と打ち合わせをしていて「翡翠が横向きだったら良いのに・・・」という、ふとしたことから、そのまま願いを叶えました。
腕は頼りなかったので、R様の好みと、翡翠の幅に合わせて太く平にし、ダイヤと翡翠を丸ごと横向きに。
この加工は、ただ横に向けただけでは指なじみが悪いので、意外と難しいのですが、無事に完成し「これで日常使い出来る!私好み!」と言っていただけました♪
この指輪を下さったお母様に、早速見せに行かれたそうなのですが「素敵!だけど、原形が思い出せないわ!」と驚かれ喜ばれたそうです。
R様、ご依頼ありがとうございました^^



                           
| リ・ボーン | 16:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
このデザイン素敵だね!
オリジナリティーがあって、私もとても好きです!
完成おめでとうございます♪
| Mayumi | 2009/07/27 1:30 AM |
ありがとうございます♪
リ・ボーンは、完成した時の喜びや驚きが何より嬉しく、失敗が許されないプレッシャーがありつつも楽しいご依頼です♪
| AZUR | 2009/07/27 4:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.azur-jewel.com/trackback/883695
トラックバック